株式会社ロボフルワークス

東商主催「中小企業とITベンダーの”ぴったり”マッチング」に出展いたします

「中小企業とITベンダーの”ぴったり”マッチング」とは

デジタル化・DXのお悩みを抱える中小企業と接点創出を希望するITツール・
サービス提供ベンダーが直接交流・相談・商談可能なイベントとなっており、
今回が3回目の開催となります。
前回開催の様子はこちら

弊社が当日ご案内するもの

失敗しない業務自動化を実現!ロボフルワークスのRPA(業務自動化伴走サービス)」

◆ロボフルワークスのRPAとは
01.RPAに特化したエンジニアが高レベルな自動化を実現
02.一貫したトータルサポートで導入から定着まで様々なニーズに対応
03.密なヒアリングと自動化実績から現場への高い理解力
◆導入から定着まで伴走サポート
【導入検討期】
業務の自動化範囲の選定からRPAツールの比較、導入前のお悩みをエンジニア目線でサポートします
【開発・教育】
自動化の内製化実現のため、マンツーマンのオンライン講習を実施。作成したいフローを完成まで一緒
に一から作成します。「まずは早く自動化したい」、「最初は依頼して徐々に内製化したい」という企業
様へはRPA開発も専門エンジニアが対応致します
【運用・定着】
システムに合わせた改修や機能拡張、現場への定着のためのサポートを行います。
ツールの置き換えや全社へ導入範囲拡大のためのサポートも実施しております
◆マルチベンダー 複数のRPAツールを取り扱っております

来場特典
導入前コンサルを無料で実施します

イベント概要

【日  時】
  2024年2月9日(金)
   第1部(午前の部) 10:00~13:00
   第2部(午後の部) 14:00~17:00
   ※当社は第1部で出展いたします!

【場  所】
  東京商工会議所 カンファレンスルーム 
   (千代田区丸の内3-2-2(丸の内二重橋ビル5階))

申し込み方法
申込受付は終了しました
東京商工会議所マイページよりお申し込みください
https://myevent.tokyo-cci.or.jp/detail.php?event_kanri_id=203241

IT導入補助金2024の「IT導入支援事業者」に採択されました

弊社は、経済産業省が推進する「サービス等生産性向上IT導入支援事業(以下、「IT導入補助金」)において、2024年「IT導入支援事業者」に採択されました。

it2024

IT導入補助金とは
中小企業者様におけるITツール(ソフトウェア、サービス等)を導入費用の一部を補助してくれる制度です。

IT導入支援事業者とは
中小企業者様の生産性向上のために、ITツール(ソフトウエア・サービス等)の提案・導入およびこれに要する各種申請等の手続きを代理で行う者として、事務局に採択された者を「IT導入支援事業者」と呼びます。

補助対象製品につきましては順次ご報告させて頂きます。
制度の詳細は、IT導入補助金2024の特設サイトをご参照ください。

IT導入補助金対象ツール
弊社で提供しているツールで対象予定となるツールは以下の通りです。

KING OF TIME
DX Suite
UiPath
WinActor
IT導入補助金のご利用についてご不明点、お悩みなことがございましたら、お気軽にご相談ください。

補助金・助成金診断も是非ご利用ください。

新UI対応!DX Suite API WinActor用ライブラリ

DX Suite標準API v2を利用した、WinActor向けライブラリをBoothに公開しました。

仕様

DX Suite標準API v2(新UI)を利用したWinActor向けライブラリです。 指定した定義(ワークフロー)へ、PDFのアップロードからcsvダウンロードまでをAPIを利用し実行します。

内容

・「DXSuite APIv2」ライブラリ
※変数の初期設定を行ってからご使用ください。変数の使用方法について不明点がある場合はお問い合わせください。

動作

指定のワークフローへPDFファイルをアップロードし、csvダウンロードまでを行います。
※従来の標準API v1を利用したライブラリと同様

動作環境

Windows 10
WinActor 7以上
DX Suite 標準API v2

本件に関するお問い合わせ

info@robofuru-works.com

【ChatGPT保存版】PC/スマホ別の始め方から注意点など

【ChatGPT保存版】PC/スマホ別の始め方から注意点など

近年、SNSやメディアで話題に尽きないAIチャットサービス。その代表格の1つが「ChatGPT」である。
このChatGPT、質問に答えるだけでなく新たな物語を作り出すことやコーディングをするなどさまざまな機能をもっている。このようにテキストなどの情報から、回答のようなものを導き出したり新たな物語を作り出すもののことを「生成AI(Generative AI)」と呼ばれている。

今回は、そんなChatGPTの使い方(PC/スマホ別)から使用上の注意点などをまとめてみたいと思う。

ChatGPTの費用は?

ChatGPTはメールアドレスのみで無料で利用可能。
ChatGPT Plusという「GPT-4」を搭載した最新のChatGPTモデルを利用できる有料プランもある。

ChatGPTの始め方

<PC>

(1) 以下リンクへアクセスし、「Try ChatGPT」をクリック

URL:https://openai.com/blog/chatgpt/

(2) 「Sign up」をクリック


(3) 登録にはメールアドレスかGoogle、Microsoftアカウントが使用できるため、任意の方法で登録する。


(4)登録したアドレスにOpenAIからメールが届くので、メール本文の「Verify email address」から登録画面に移行。名前と電話番号を登録すると、6桁の認証コードが記されたショートメールが送られてくるので、そちらを入力し、登録完了。


いよいよ夏も本番なので、効率の良い日焼け防止方法を聞いてみた。

<iPhone>

(1) 日本向けのiOSアプリが2023年5月26日に公開。
以下のAppStoreからアプリを入手。

AppStore:https://apps.apple.com/app/openai-chatgpt/id6448311069

(2) Web版と同じアカウントでログインをすることで、チャット履歴等を共有することができる。
アプリ版も同じく、メールアドレスかGoogle・Microsoftアカウントで登録が可能。


(3) オプションを設定
「Haptic Feedback」:ChatGPTが回答を生成したときなどに本体が振動して教えてくれる機能



iOSアプリ版は、文字起こしAIの「Whisper」を使った優秀な音声入力が利用できる。iPhoneにもデフォルトの音声入力機能はあるが、Whisperにより高精度な音声認識を実現している。

<Android>

2023年7月21日現在、Android向けアプリは公開されていない。
iOS版が発表された際、以下の本文が記されている。

 ❝ Android ユーザーの皆さん、次はあなたです! ChatGPT は間もなくあなたのデバイスに提供される予定です。 ❞ 

尚、開発元が「OpenAI」以外のものは公式のChatGPTではないので気を付けよう。

ChatGPT使用上の注意点

1.ChatGPTが回答する際に参照しているデータは、基本的に2021年9月までのものである
それ以降の情報は知り得ないため、回答として引き出せないか不正確な回答になる場合があり、回答を鵜吞みにするのは避けたい。
正確さを必要とするケースでは、ChatGPTを信用しすぎず他の手段で調べた情報と合わせて判断するようにするのがベスト。

2.個人情報を入力しない
個人情報や社内の機密情報など、外部に流出すると問題になる情報は送信しないようにする必要がある。ChatGPTでは、回答精度を高めるために質問データを活用する旨OpenAIから明示されており、他の利用者が情報を閲覧できる可能性もあるため、使用の際は注意しよう。
また、「個人情報保護委員会」でも、生成AIサービスが普及していることを踏まえ、個人情報の適正な取扱いと新たな技術に基づく公共的な利益とのバランスに留意しながら、生成AIサービスの利用に関する注意喚起等も行っている。

ChatGPTで自分の質問を学習させない方法2選

自分の入力した質問文がChatGPT側で学習データとして利用されるのは避けたい場合、現状2つの方法で対処することができる。

1つ目:「Chat History & Training」をオフ

ChatGPTの設定画面にある「Chat History & Training」をオフにすることで、その後入力した質問文の内容が学習データに利用されることはなくなる。※ただし、チャット履歴も残らないようになってしまう。

2つ目:オプトアウト手続きを行う
下記URLのオプトアウト専用フォームに必要事項を入力して送信することで、ChatGPTなどで入力した内容が学習に使われることはなくなる、とされている。
User Content Opt Out Request:
https://docs.google.com/forms/d/1t2y-arKhcjlKc1I5ohl9Gb16t6Sq-iaybVFEbLFFjaI/viewform?ts=63cec7c0&edit_requested=true

本記事に関するお問い合わせ、企業DXに関するご相談は以下までご連絡ください。

株式会社ロボフルワークス
info@robofuru-works.com

IT導入補助金2023「IT導入支援事業者」に採択されました

弊社は、経済産業省が推進する「サービス等生産性向上IT導入支援事業(以下、「IT導入補助金」)において、「IT導入支援事業者」に採択されました(2023年6月22日付)。
hojokin_annai

IT導入補助金とは
中小企業者様におけるITツール(ソフトウェア、サービス等)を導入費用の一部を補助してくれる制度です。

IT導入支援事業者とは
中小企業者様の生産性向上のために、ITツール(ソフトウエア・サービス等)の提案・導入およびこれに要する各種申請等の手続きを代理で行う者として、事務局に採択された者を「IT導入支援事業者」と呼びます。

補助対象製品につきましては順次ご報告させて頂きます。
制度の詳細は、IT導入補助金2023の特設サイトをご参照ください。

IT導入補助金対象ツール
弊社で提供しているツールで対象となるツールは以下の通りです。
KING OF TIME
DX Suite
UiPath
WinActor
IT導入補助金のご利用についてご不明点、お悩みなことがございましたら、お気軽にご相談ください。

補助金・助成金診断も是非ご利用ください。

埼玉DXパートナーに認定されました

この度株式会社ロボフルワークスは、埼玉県DX推進支援ネットワークの認定を受け「埼玉DXパートナー」となりましたのでお知らせいたします。

埼玉県DX推進支援ネットワーク

<埼玉県DX推進支援ネットワークとは>
埼玉県内企業のデジタル化・DXを推進するため、令和3年10月に国、県、市、経済団体、金融機関、支援機関が連携し立ち上げた組織です。
構成する27団体がワンチームとなって、中小企業のデジタル化やDXの推進を支援しています。

<埼玉DXパートナーとは>
埼玉県内中小企業のデジタル化やDXを支援するためのソリューションを持つ企業が、「埼玉DXパートナー」として認定を受けております。

■『埼玉県DX推進支援ネットワーク』WEBサイト
https://www.saitamadx.com/

■『埼玉DXパートナー』について・登録パートナー一覧
https://www.saitamadx.com/dx-partner/

UiPathマスターパートナー契約を締結いたしました

株式会社ロボフルワークスは、UiPath株式会社とUiPathマスターパートナー契約を締結し、「ディストリビューター認定リセラー」となりましたことをご報告いたします。

<UiPathとは>

「UiPath 」は、 日本を含め全世界で数千社の導入実績を誇っており、2019年にはガートナー社のロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)・ソフトウェア部門で「実行能力」と「ビジョンの完全性」において最高評価を獲得しました。
API連携によって今後の技術進化に応じた拡張も可能となっており、
機能の柔軟な 拡張 性を持っています。

<パートナーの役割>

弊社では、UiPath製品を様々な現場でご活用いただくための活用提案や導入サポート、構築サポートを行います。
導入前から運用保守まで一貫したサポートで、シームレスな業務自動化を実現できるようご支援させていただきます。
製品詳細及びサービス内容については以下のページをご覧ください。

RPAの導入に補助金・助成金が使えます

RPAの導入に補助金・助成金
が活用できます

RPAの導入に補助金・助成金
が活用できます

こんな方にオススメです DX推進を積極的にしたいが資金的に難しい
ITや最新機器などの設備投資を考えている
働き方改革など従業員向けの環境整備を考えている
積極的な投資でビジネスチャンスを拡大していきたい

かんたん操作で診断

arrow

診断後にサポートも可能です

※申請サポートは、弊社と提携の株式会社ライトアップにて対応致します。

『WinActor』及び『DX Suite』販売特約店契約を締結しました

株式会社ロボフルワークスは、アイエンター株式会社と伴代理店契約を締結し、株式会社NTTデータが提供する国産RPAソリューション「WinActor」及びAI inside株式会社が提供する「DX Suite」の販売特約店として取扱いを開始しました。

<WinActorとは>
人に代わって業務を行う純国産RPA(Robotic Process Automation)ソリューションで、Excel・ブラウザ処理、個別の業務システム等、Windows端末から操作可能なあらゆるアプリケーションの操作をシナリオ化し、PC操作を「自動化」するソフトウエア型のロボットです。 近年の少子高齢化による人手不足や働き方改革の推進が叫ばれる中、人に代わって業務を行うツールとして国内外の企業で導入が急速に進んでおります。

<DX Suiteとは>
「DX Suite」は、AI機能であるディープラーニング技術を活用し、従来型OCRに比べて高精度な文字認識が可能なOCRソリューションです。
AI-OCR 市場シェアNo.1を誇っており、クラウド型サービスのためすぐにご利用開始できます。
特別な事前学習なしに、従来型OCRでは困難であった文字と文字のつなぎ目や切れ目を判別するなどがAI-OCRにより可能となります。

ホームページリニューアルのお知らせ

この度、株式会社ロボフルワークスのホームページをリニューアル致しました。

株式会社ロボフルワークスでは、働き方改革に取り組む企業様向けにRPA等DX関連ツールのライセンス販売、技術提供を行って参ります。
IT技術活用シーンの創出・普及に貢献し、少しでも皆様のお役に立てるよう懸命に努力してまいりますので、どうか温かいご支援をお願い申し上げます。

株式会社ロボフルワークスHP:https://robofuru-works.com/
2022年4月28日 株式会社ロボフルワークス